FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家に帰った時に絶対行こうと思っていたお店。
金沢市の昇龍へ。

外観やエントランスは一見高級料理店に見えますがリーズナブルに食べられるお店。
内装は割と落ち着いた感じ。


麻婆豆腐
DSC_1443-0.jpg
四川の麻婆豆腐と言えば、花椒(ホアジャオ)が強いイメージですが、
ここの麻婆豆腐は日本人向けにローカライズされている印象。
麻(マー)より辣(ラー)が強い味付けになっていて、ピリ辛なので辛いのが苦手な方でも食べられます。
辣が強い麻婆豆腐大好きなので、とても美味しく頂きました。

ここの麻婆豆腐、好き。

やっぱりお店の麻婆豆腐は油がとても香ばしく、あんもしっかり豆腐に絡んで美味しい。
家で作ると何故か水っぽくなって美味しく無くなるんですよね。

エビチリ
DSC_1441-0.jpg

口水鶏(コウシュイジー)
DSC_1440-0.jpg
日本語ではよだれ鳥と言われている料理。
鶏肉のピリ辛ソースがけとも言いましょうか。
辣油ベースの甘辛ソースが癖になる料理です。

水餃子
DSC_1445-0.jpg

小籠包
DSC_1446-0.jpg

豚の角煮(四川)
DSC_1448-0.jpg
四川とそうでないものがありました。
四川の角煮をチョイスしましたが、敢えてメニューが分けられているのは
おそらく日本人が苦手であろう八角が使われているためだと思います。

北京ダック
DSC_1452-0.jpg
日本人向けローカライズメニューその2
本来北京ダックはアヒルの皮や肉をネギ、胡瓜、甜麺醤(テンメンジャン)を薄餅(バオビン)で包んで頂く料理ですが、
ここのお店では、おそらくローストした鴨肉を使用している模様。
安いですし、何よりもこれはこれで美味しいのでOK

普通の中華料理店は一皿が3~4人前で出てくることが殆どで、
少人数の場合一皿を平らげるだけで精一杯になるため全く楽しめないのですが、
ここ昇龍さんでは一皿が1~2人前と少量なため、少人数でも色々な料理を楽しめます。
この点は本当に最高。

また、良い意味で日本人向けにローカライズされているため、
日本人の口に全く合わない料理は少ないのかなと思います。
(花椒や八角の使用量が少量で抑えられているとか)

そして安い。リーズナブル。
がっつり食べてもお財布に優しい。
麻婆豆腐がとても美味しいのでそれでよし。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。