FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

86のマイナーチェンジで話題となったアルミテープ、BRZに今更ながら貼ってみました。

トヨタ品番:[75895-28010]
普通のアルミテープとの違いは、接着面の糊は導電性となっており表面が黒い。


後期型と同様にバンパー裏も貼りたいのですが面倒なため
とりあえずステアリングコラムカバーへ貼ってみました。


【備忘録】
ステアリングコラムカバー(下半分)外し方

(1)ステアリングを90度切った状態にしてネジを露出させる。
※エンジンをかけた状態でステアリングを切ること。エンジンをかけない状態ではハンドルロックがかかってしまうため。
DSC_0513-0.jpg
(2)ドライバーでネジを外す。
(3)ステアリングを逆方向へ切り、反対側のネジも外す。

(4) チルト/テレスコピックステアリング調整レバーを解放する。
(5)下方向へ取り外す。
DSC_0511-0.jpg
取り付けは逆へ辿る。

ステアリングコラムカバー内側に貼り付け。
DSC_0505-0.jpg
アルミテープは純正そのままのサイズでは長すぎるため、適当な長さでカット。
ステアリングコラムカバーは埃で汚れていたため、念のため脱脂も兼ねて中性洗剤で洗浄した後貼り付けています。

貼り付け後の変化として、ステアリングを切ったときの動きが滑らかになり、
反応(主に微操舵領域)が良くなった感じです。
イメージとしては、渋いステアリングシャフトをグリスアップして滑らかに動く様になった、そんな感じ。

性能が上がるパーツの類ではないため、感じ方に個人差はあると思いますが。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。